ひげ爺と野鳥

大空から俯瞰(ふかん)して見る鳥の目、色あい、囀り、姿かたちに惹かれ野鳥撮影を楽しんでいます。

あのトラフズクの子いま何してる?

4/22日撮影。
季節はずれの暑さ!!
あのトラフズクの子いま何してる?
何処かのテレビ番組で聞いたことのあるようなフレーズ。
5羽の子もすくすくと育ちおのおのがひとつの木を独占しています。
恥ずかしがりやの子は枝葉に隠れて撮らせてくれません。
AW3O3200-02.jpg

AW3O3209-02.jpg

AW3O3225-02.jpg

AW3O3340-02.jpg

AW3O3326-02.jpg

AW3O3300-02.jpg

AW3O3377-02.jpg

AW3O3391-02.jpg







スポンサーサイト

オレンジ色の目をしたトラフズク雛

ぬいぐるみのおもちゃにも似たトラフズクの雛。
好奇心旺盛な子は上へ上へと上り葉の茂る隙間から顔を覗かせています。
AW3O1654-02.jpg

AW3O1803-02.jpg

AW3O1890-02.jpg

AW3O1971-02.jpg

AW3O2025-02.jpg

AW3O2216-02.jpg

AW3O2268-02.jpg

AW3O2273-02.jpg

親に見守られ・・・

親に見守られすくすく育つトラフズクの雛。
親から離れることなく、ときどき親が雛の羽繕いをしています。
小枝や葉が生い茂り視野の狭い範囲での撮影でした!
AW3O1745x.jpg

AW3O1939x.jpg

AW3O1676x.jpg

AW3O1472x.jpg

AW3O1500x.jpg

AW3O1903x.jpg

AW3O1769x.jpg

AW3O1836x.jpg

AW3O1861x.jpg

AW3O1801x.jpg

愛くるしい目をしたトラフズク幼鳥

今日も、気持ちのスカットしない天気ですがこの子をみていると気持ちが和みます。
目が、オレンジ色したとても可愛らしいトラフズクの幼鳥です。
AW3O8690x.jpg

AW3O8551x.jpg
大きなあくびをしています。
一変してブサイクな顔になりました!
IMG_1980x.jpg


トラフズク

ずっと同じ場所でほとんど眼を開けず。
枝被りの中、ようやく眼を開けてくれました。
AW3O8735x.jpg

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

take.432higezyiblog

Author:take.432higezyiblog
野鳥との出会いに感謝。
近隣での写真を撮っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (24)
アオゲラ (3)
アオジ (2)
アオバズク (2)
アオバト (6)
アカハラ (1)
アトリ (2)
アリスイ (0)
イカル (3)
イスカ (2)
イソヒヨドリ (2)
ウグイス (1)
ウソ (2)
エゾビタキ (3)
オオコノハズク (4)
オオセッカ (0)
オオタカ (21)
オオマシコ (6)
オオルリ (6)
オオヨシキリ (1)
オオワシ (1)
カオジロガビチョウ (1)
カワガラス (3)
カケス (6)
カワセミ (5)
キガタホウオウ (1)
カワラヒワ (1)
キジ (1)
キビタキ (12)
キマユホオジロ (1)
ケリ (3)
クマタカ (32)
クロツグミ (5)
コイカル (3)
コサメビタキ (1)
コマドリ (8)
コミミズク (28)
コヨシキリ (1)
コルリ (6)
コゲラ (1)
ゴジュウカラ (1)
ササゴイ (4)
サシバ (3)
サンコウチョウ (13)
ジュウイチ (5)
ジョウビタキ (2)
ズグロチュウヒ (3)
タゲリ (1)
タヒバリ (1)
チゴモズ (1)
チュウヒ (4)
チョウゲンボウ (13)
ツツドリ (4)
ツミ (7)
トビ (3)
トラツグミ (1)
トラフズク (5)
ナベズル (1)
ニシオジロビタキ (2)
ニュウナイスズメ (2)
ノスリ (1)
ノゴマ (2)
ノビタキ (17)
ハイイロチュウヒ (17)
ハヤブサ (32)
フクロウ (1)
ベニマシコ (4)
ホオアカ (3)
ホオジロカンムリヅル (1)
ホシガラス (2)
マミジロ (1)
ミサゴ (13)
ミヤマホオジロ (8)
ミソサザイ (3)
モリムシクイ (2)
ヤツガシラ (6)
ヤマセミ (10)
ヤマガラ (1)
リュウキュウサンショウクイ (1)
ルリビタキ (5)
レンカク (1)
レンジャク (14)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん